性格によってうつの症状が異なる|モヤモヤの謎を徹底解明

月に1度現れる症状

先生

PMDDという症状

女性の場合生理は月に1度始まり、それによって体に辛い症状が現れることがあります。それは人によってさまざまで症状が軽い人もいればひどい人もいますし、生理になってもまったく辛い症状を感じない人もいればその症状によって生活に支障をきたしてしまう人もいます。それを月一うつといわれるものなのですが、生理になる前にPMDD、正式名称は月経然不快気分障害という女性ホルモンのバランスが乱れることから起こる症状があります。多くの人がうつのような症状を感じ、人によっては人に迷惑をかけてしまい生活に影響を与えてしまうほどのものもあるのです。イライラしたり不安に感じたり涙が出てしまったり「私はもうだめな人間だ」と自尊心を低下させてしまったりモチベーションが下がったり、ほかにもいろいろな情緒不安定な状態が続いてくるようになるのです。症状がひどい場合は自殺したくなることもあるほどなのです。生理前になるたびにそのような状態が出てくるのであれば、病院で診てもらうことで治療を行なうことができるようになります。人によって症状の強さはさまざまなので、周囲もなかなか気づきにくいものでもあるかもしれません。しかしあまりに普段の生活状態と月一うつになっているときの状態が違っていたりする場合は、そのまま放置してしまうとアルコールやギャンブルなどの依存症となってしまうこともあるため注意が必要です。そして病院で診てもらうときは、どのようなときに症状が現れるかちゃんと伝えることも重要です。

少しでもリラックス

病院で診察してもらい治療するのであれば、主な治療方法はピルという薬を処方されることが多くあります。うつと聞くと抗うつ剤などのような精神を安定させる薬を処方されると考えられるかもしれませんが、月イチうつの場合は治療に適した薬としてではピルが処方されることがあります。ピルを服用することで症状を緩和させられる人が多くいるためです。しかし人によってはそのピルが体に合わないことがあるため、体に合わなければちゃんと医師に告げることが必要です。ピルにも副作用があるためその副作用が強く現れる人も多くいるのです。はっきりと伝えることができれば医師見症状にあわせて治療を行なってくれるようになります。その治療の最中でも生活習慣の中から女性ホルモンのバランスを整える習慣を加えていくことが大事です。そのような人に特に人気をよんでいる方法がリラクゼーションです。リラクゼーションは良い香りを引き立ててマッサージを行なうところもあり、気持ちをリラックスさせる効果があります。女性ホルモンのバランスが乱れる主な原因はストレスや不規則な生活から起こるといわれているのです。リラクゼーションはちょっと贅沢な気分を味わいながら良い香りで張った神経をほぐしてくれ、マッサージで血流を改善させることから普段の生活の中での疲れを取ることもできるのです。病院で治療を行いながら普段の生活の中で少しの時間でもリラックスできることができるのであれば、何も市内より治りが断然早くなるといわれているので、リラクゼーションで気持ちを落ち着かせるのも良い方法です。